mogu bookとは

1冊の本がすごく気に入った時に、この本を読んだ人と話したいなと思うことがありました。
誰かと本について話すことで、その本をより深く(よく噛んで=mogu)読めるのではないかと考えています。

「引用の共有」
これまで言語化できなかった自分の考えが、引用文を通して立ち上がり、更に他の人と「引用の共有」をすることでいろんな角度から考えることができ、また自分で考えることができます。

mogu bookについて

2015年01月29日

本棚旅行「とほん」 - 「あなたの本」を探そう -

2015.2.14
満席となりましたので受付終了いたします。以降キャンセル待ちとさせていただきます。
もしご都合が悪くなられた方がいらっしゃいましたら、できればお早めにmogubook@gmail.com までご連絡いただけると幸いです。

-----
奈良・大和郡山の本屋さん、とほん1周年記念月間に、お祝いとして「本棚遊び」シリーズのイベントさせていただくことになりました。

booktrip.fw.jpg

本棚旅行「とほん」 - 「あなたの本」を探そう -
とほん(4坪!)の本棚をじっくり探索し、これまで読んだ本、好きな本、気になる本、読んでみたい本を探し、
見つけた本にまつわる記憶やエピソードや印象を元に、「旅行記」を作り、みんなで話をしましょう。
はじめての方はもちろん、常連さんにも意外な発見があるかも!?

・自己紹介と本棚探検(1h)
・5冊選んで「旅行記」作り(1h)
・おやつを食べながら発表会(1h)


■日時 2月21日(土) 14-17時ごろ
■場所 柳花簾イベントスペース(とほんの奥)
■参加費 1200円 (おやつとお茶付き 材料費含む)
■定員 6人
■持ち物 筆記用具、色鉛筆やカラーペンなどお好きなもの

■申し込み
mogubook@gmail.com に氏名と当日連絡先の電話番号/メールアドレスを記載の上、2月19日(木)までにお申し込み下さい。 (キャンセルの場合は2月19日(木)までにご連絡をお願いします)


「本の交換会ナイト」(18-20時ごろ)とはしご参加可能です。ぜひ両方ご参加ください。(それぞれお申し込みください)
他の日にも魅力的なイベントが毎週あります!

おやつは、奈良・田原本のカステラ屋「オノマトペ」さんのカステラを用意していただけるそうです。楽しみ!

-----

オープン直後に書いた記事。
まちの本屋さん「奈良・大和郡山 とほん」

とほんで買った本など。
IMG_5898.jpg


------

以前スタンダードブックストアで実験させてもらった「本棚ツアー」を、小さな本屋さんでも、みんなで楽しめるのではないかと思い「本棚旅行」として企画させてもらいました。

mogubook: 「本棚ツアー -背景本を探せ- 米田智彦 with アサダワタル+後藤哲也」at スタンダードブックストア


------

遠くに行かなくても旅ができる感覚のプロジェクトはこちら。
一時間旅行 - 日常から一歩外へ  -
posted by サトウアヤコ at 16:05 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月24日

mogu book「コミュニティと自分の立ち位置と"内的難民性"について考える」(「コミュニティ難民のススメ」)

IMG_5695-001.jpg

アサダワタル「コミュニティ難民のススメ」をベースに、
コミュニティと自分の立ち位置について、カードを使って一緒に話したり考えたりしましょう。
コミュニティと自分の関係を考えるワークもやります。

この本を読んで浮かんだ思いや考えを、言葉にして立ち上げる場を一緒に作れたらと思います。


■日時
1月10日(土) 13-16時

■場所
大阪市内(調整中)

■定員
5名(超えた場合は複数開催を検討します)

記録係を1名募集します。

■持ち物
「コミュニティ難民のススメ ― 表現と仕事のハザマにあること ― 」
筆記用具

■事前準備
本の中で、ぐっとくるところ、もやもやするところに、線を引くか付箋を貼るかした上でお越しください。

■参加費
500-1000円(会場費)

■申し込み
mogubook@gmail.com まで、当日の連絡先(携帯電話など)を添えてお申し込みください。
(これまでにメッセージやDMいただいた方は受付しております。変更あればお知らせください。)

■ご注意
「課題図書」ではありません。
本を読んでから、話をしたいと思うかどうかで、
ご参加を決めていただきますようお願いします。

posted by サトウアヤコ at 11:35 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月30日

読書フェスのサイト制作しました

reading_fes.png
読書フェス
のサイトを制作協力させていただきました。


あなたが本を読んだり読書について考えた時間をそのままお祝いするよ(フェス)という、日常系?フェスティバルです。
参加方法は、twitterなどで #読書フェス とつぶやくだけです。この、わざわざ言わないことを言ってみることで見えてくるもの、を大切にされているんだろうなと。

言ってみれば毎日が読書フェスなのですが、ある1日を特別会場として設定することもあります。
奈良県立図書情報館で、「未来の図書館」をテーマにした1日だけのラジオ「佐保川ラジオ」が行われたのですが、この日に読書フェスも同時開催されていました。
先日このblogで紹介された、奈良・大和郡山の本屋「とほん」さんも会場として「参加」してくださいました。


最近は、本を巡る状況について、いろいろ思うところがあったので、
このサイト制作に関わらせてもらったことで、言いたかったことを代わりに言ってもらえた気持ちになりました。
仕事などの用事があって本を読むことが増えてくると、物語を集中して読むような時間が減ってくるな、と意識する機会ともなりました…。

posted by サトウアヤコ at 09:42 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。