mogu bookとは

1冊の本がすごく気に入った時に、この本を読んだ人と話したいなと思うことがありました。
誰かと本について話すことで、その本をより深く(よく噛んで=mogu)読めるのではないかと考えています。

「引用の共有」
これまで言語化できなかった自分の考えが、引用文を通して立ち上がり、更に他の人と「引用の共有」をすることでいろんな角度から考えることができ、また自分で考えることができます。

mogu bookについて

2015年03月10日

[レポート] 本棚旅行「とほん」 -「あなたの本」を探そう -

本棚旅行「とほん」 -「あなたの本」を探そう -

店主(!)含め、6人の方にご参加いただきました。

■探索する
■「旅行記」を書く
■発表(シェア)する

の3ステップで進めました。

IMG_6080.jpg

事前に打ち合わせをしていて、店主砂川さんに、
菅啓次郎「本は読めないものだから心配するな」という本に、「書店の本棚はみんなつながっている」という
文章が載っていると教えてもらい、
「とほん」さんの本棚を「旅行」する、と言いつつ、これはどこかにつながる「入り口」を探しているということなんじゃないんですかね! という話をしていました。

(菅啓次郎さんの本は私も好きで読んでいたので、本を旅する感覚の共通点を見つけた気がして、この企画を「とほん」さんで実現できてよかったなと)

-----
■探索する

自己紹介のあと、まずは本を探しに。本棚を全部見るつもりで、探してもらいました。
自分でやってみて、普段、本屋さんで、「自分の知ってる/持ってる本は見ない」「変化があったところしか見ない」ということを無意識にしているのだなということに気がつきました。
「読んだことのある本を本屋さんで探す」というのは、日常的な行為じゃないんだなと。

「本棚を全部見る」ということで言えば、この企画が思い出されました。
「 ブック・オン - 一日で書店の本棚を全て見る - 」|余所見

(数日前に下見したときより、本が増えていて、店主の本気を感じました。)

R0004135.JPG

■「旅行記」を書く

R0004138.JPG R0004139.JPG
みなさんが、真剣に読み始め、静かで集中した時間が流れました。本屋さん(の隣のレンタルスペース)なのですが、図書室みたいな空気に。
「旅行記」を一時間ぐらいかけて書いてくださいました。3-5冊選んでいただきましたが、書くのは3冊が限度という方が大半。

■発表(シェア)する

本棚旅行-002.jpg
3冊ずつ発表していただきました。

「とほん」さんの本の中から、なぜその本を選んだのかというチョイスやお話から、その人の背景や価値観が垣間見える感じがします。食べ物の本ばかり選ばれた方も。店主が詩がお好きとのことで、詩に関する本がわりと多く、みなさんも1-2冊ずつ詩集や詩人の本を選ばれたことに、後になってから気がつきました。

それぞれにもうちょっと突っ込んでお話をお聞きしたかったな、と思いましたが、それをやると4時間コースになってしまうかも…。

店主砂川さんの「旅行記」(画像クリックで拡大)
Scan10003.JPG
八番筋カウンシル (朝日文庫)

Scan10005.JPG
えーえんとくちから 笹井宏之作品集

Scan10004.JPG
読んでいない本について堂々と語る方法


みなさんの「旅」の結果。
R0004188.JPG


イベント後に、「とほん」さんに伺いまして、本棚でみなさんの本を探しました。
その人の話と気配をまとった本が、目に飛び込んでくる、という感じがありました。

すぐ読みたくなる、欲しくなる、というよりは、手に取ったり、図書館で借りてみたりしていつか、同じ本か、そこから派生して別の本を買うかもしれない、と思いました。
これが、事前に考えていた本が「入り口」になるということではないかと思います。

実際、私自身も手持ちの詩人の本を読み返したり、図書館で借りたりするようになっています。
参加された方に、後日談をいつか聞いてみることができれば。


posted by サトウアヤコ at 18:49 | レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。